【Web3.0とは?】進化するWeb業界|わかりやすく解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

【Web3.0】ってなんだ?

わからない人

難しいことはわからないから、簡単に知りたい❗

Web3.0とは
次世代インターネットのことです。

過去がWeb1.0
現在がWeb2.0
未来がWeb3.0

WEB1.0(1990年代)
  • テキストが多い
  • 読むだけ、見るだけの一方通行
  • メールでコミュニケーション
Web2.0(2000年代)
  • 画像、動画も可能
  • SNSで双方向コミュニケーション
  • 見て、読んで、投稿する
  • 個人情報、嗜好、行動が中央管理者(プラットフォーマー)に独占される
  • 情報漏洩リスク
Web3.0(2020年代)
  • 中央管理者のいない分散型のインターネット
  • 情報漏洩、情報独占などが解消される
  • 現実の世界とよく似た世界
  • 読んで、見て、参加して、実行できる

Web3.0は僕たちの生活を大きく変える!
そんな期待がされています。

目次

株式投資家の僕が【仮想通貨】を始めた理由

最大の目的は「株式市場で利益を上げること」

Web3.0は株式市場でもビッグテーマで
あらゆる投資家から注目されています。

注目される理由
・技術者の知恵の結晶
・圧倒的な市場規模と成長率
・期待と将来性、未知の可能性

Web3.0とはどんなモノで、
何がすごいのか?
自分で勉強し、経験するために始めました。

【Web3.0】ブロックチェーン技術

【Web3.0】ではブロックチェーンという技術が
採用されています。

ブロックチェーンとは
過去から現在までの情報を、
1本の鎖のようにつなげ、
正確な取引履歴を維持する仕組みです。

【Web2.0】はAmazonやGoogleといった
ビックテック企業が、
個人情報を集める中央集権型と言われています。

  • 一つの企業の影響が強すぎる
  • 企業の一存でBAN(アカウント凍結)できる
  • 個人情報漏洩のリスクがある

といった悪影響がありました。

【Web3.0】のブロックチェーンは
非中央集権型と言われます。

  • 参加者みんなで管理
  • 不正や改ざんは事実上不可能
  • システムダウンしない
  • 自律分散型インターネット

それが【Web3.0】の世界です。

【Web3.0】仮想通貨|数年先の当たり前

ブロックチェーン技術を用いた代表格で
データ上のお金です。

仮想通貨とは
・実物がないデータだけのお金
・不正が極めて困難
・中央集権型でなく分散型
・決済、送金、投資ができる

○代表的な仮想通貨
【ビットコイン】
世界初の仮想通貨で、
最も有名かつ時価総額が最大。
発行上限があります。
ビットコインをもっと詳しく

【イーサリアム】
スマートコントラクトを実装したプラットフォーム。
NFT決済の7割のシェアを誇ります。
イーサリアムをもっと詳しく

【仮想通貨の始め方】

Web3.0では仮想通貨が必須!
はじめの一歩は
「仮想通貨取引所」で口座開設することです。

まずは口座開設

仮想通貨の始め方
①口座開設
②入金
③購入

完全無料
スマホと運転免許証で完結

※複数の取引所で口座開設をおすすめします。
➡️通貨別・用途別に使い分け
➡️取引所のトラブルを回避

各取引所の口座開設手順
(画像付きで初心者でもカンタンにできます)
➡️コインチェック
➡️ビットフライヤー
➡️ビットバンク

【Web3.0】NFT|ただひとつの証明

【Web3.0】では、
このNFT技術の登場が特に革命的であると言われます。

これまで、簡単かつ無限にコピーができた
デジタルデータ。
それを「本物」と証明できることが、
NFTの真骨頂と言えます。

NFTとは
デジタルデータを
この世にたった1つだけのもの
と証明できる技術のことです。

NFTは数十億円という高額で取引されるものもあり、
最近ではSNSのアイコンにするような画像が人気を集めています。

➡️NFTをもっと詳しく

【NFTの始め方】

最もポピュラーな使い方は
NFTをTwitterのアイコンにする」です。

ちょっと難易度は高めですが、
勉強して、様々なNFTを見ることで
これが欲しい‼️」
というNFTに出会えます。

NFTをアイコンにするまでの手順
①取引所で口座開設
②イーサリアム(ETH)を購入
メタマスクを作成
④メタマスクにETHを送金
Open Seaとメタマスクを接続
⑥Open Seaでお気に入りNFTを探して購入
⑦アイコンに設定!

【Web3.0】メタバース|もうひとつの仮想空間

2020年10月に、
Facebookが「Meta」へ社名変更したことで、
一気に認知されました。

メタバースとは
・現実と仮想が融合した空間
・リアルの模倣ではなく、自分にとって都合のいいもう一つの世界

大企業が次々参入し、
ゲーム・オフィス・各種イベントで
メタバースが使われています。

注目される理由
・大きな可能性を秘めたサービス
・圧倒的な市場規模と成長率

メタバースをもっと詳しく

【Web3.0】DeFi|金融の未来

DeFiとは
分散型金融(対義:中央集権型金融)と言い、
仲介のない直接取引の金融。
特徴
・手数料が安い
・時間が短い
・場所を問わない
・金利が高い

近年、急速に普及し
仮想通貨の売買や融資の総額は
2021年には10兆円を超えています。

例えば、
自分が持っている仮想通貨を貸し出すと、
利息が得られます。
銀行預金と同様ですが、
年利は数十%も珍しくありません。

【Web3.0】おすすめ本|3選

物事を深く学ぶのに読書は欠かすことができません。

本の素晴らしい点は、
専門家が時間を掛けてたどり着いた『本質』を
たった数時間で学ぶことができることです。

【Web3.0】に関連するオススメ本

タイトルWeb3新世紀 デジタル経済圏の新たなフロンティア
著者馬渕 邦美 , 絢斗 優, 藤本 真衣

本書に登場するのは、
ブロックチェーンA開発者、
Web3投資会社の創業者、
メタバースの創業者など
業界のトップランナー達。

インタビュー形式でWeb3の本質に迫ります。

タイトルテクノロジーが 予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる
著者伊藤穰一

働き方、文化、アイデンティティ、教育、民主主義…
生活のあらゆるところで影響を与えるWeb3。

黎明期の今、この先大きく広がるWeb3の世界に取り残されないために。

タイトルイラストと図解で速攻理解 すぐできる! よくわかる! NFT入門
著者石坂勇三

NFTの基本から仕組みまで図解でわかりやすい。
国内、海外のNFTマーケットプレイスも解説されています。

【Web3.0】まとめ

Web3.0とは
次世代インターネットのことです。

【Web3.0】が注目される理由
・技術者の知恵の結晶
・圧倒的な市場規模と成長率
・期待と将来性、未知の可能性

ブロックチェーンとは
過去から現在までの情報を、
1本の鎖のようにつなげ、
正確な取引履歴を維持する仕組みです。

  • 一つの企業の影響が強すぎる
  • 企業の一存でBAN(アカウント凍結)できる
  • 個人情報漏洩のリスクがある

ブロックチェーンにより【Web2.0】の課題を解消できます。

仮想通貨とは
・実物がないデータだけのお金
・不正が極めて困難
・中央集権型でなく分散型
・決済、送金、投資ができる

数年内には決済手段として普及し、仮想通貨で【Web3.0】を体感できます。

NFTとは
デジタルデータを
この世にたった1つだけのもの
と証明できる技術のことです。

【Web3.0】では、
このNFT技術の登場が特に革命的であると言われます。

メタバースとは
・現実と仮想が融合した空間
・リアルの模倣ではなく、自分にとって都合のいいもう一つの世界

注目される理由
・大きな可能性を秘めたサービス
・圧倒的な市場規模と成長率

【Web3.0】を深く学ぶなら読書がおすすめです。

まずは口座開設

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる