株の個人投資家が仮想通貨を始めた理由【株✕仮想通貨】の相乗効果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

目的
株式市場で利益を得ること

手段
【Web3.0】を勉強し、体験する
【Web3.0】の価値を知り、情報を取捨選択する
大衆が気付く前に投資する

そのために
仮想通貨に投資をしてみる
NFTを買ってみる
メタバース空間を体験してみる

パプリカ

【Web3.0】って知っていますか?

困った人

なにそれ?英語はわかりません

わからない人

聞いたことあるけど、よくわからない

【Web3.0】とは
次世代インターネットのことです。

【Web3.0】の特徴
・中央管理者のいない分散管理
・情報漏洩、情報独占は解消
・現実の世界とよく似た仮想世界
・読んで、見て、参加して、実行できる

【Web3.0】は株式市場でも超ビッグテーマです。

もっと詳しく言えば、
仮想通貨➡️ネット上の新たなお金
メタバース➡️ネット上の仮想空間
NFT➡️唯一無二のデジタル資産
DeFi➡️銀行の数千倍の利息
GameFi➡️遊んで稼げるゲーム

【Web3.0】に関連した、
これらのキーワードを含めたIR開示すると、
株価は急騰し、出来高も急増します。

急騰・急増の要因
【Web3.0】の未知の可能性・将来性
【Web3.0】の圧倒的な成長率
【Web3.0】への期待

大衆に普及するまでに、
そう長くはかかりません。
進化のスピードはどんどん早くなっています。

【Web3.0】の流れに乗り、
最新のweb技術を体感し、
その価値を知る。

自らの経験を元に、
取捨選択した価値ある情報。

それが投資判断を決定する。

ちなみに、
すべてのスタートは
仮想通貨取引所の口座開設から。
【Web3.0】でのお金のやりとりは
仮想通貨が基本です。

株式投資家は、

  • 値動きのある金融商品を経験で理解している
  • 好奇心が旺盛
  • お金が大好き

知れば知るほどワクワクする【Web3.0】
経験からしか学べないことがたくさん【Web3.0】

その詳細を解説していきます。
⬇️⬇️⬇️

目的
株式市場で利益を得ること

手段
【Web3.0】を勉強し、体験する
【Web3.0】の価値を知り、情報を取捨選択する
大衆が気付く前に投資する

そのために
仮想通貨に投資をしてみる
NFTを買ってみる
メタバース空間を体験してみる

とにかく、
早く始めたいなら
マネックスグループ運営・アプリのダウンロード数No.1

1500円分のビットコインが必ずもらえる‼️

\今すぐ無料口座開設/

目次

【Web3.0】という最強のキーワード 株価・出来高が急上昇⇒知の結晶

【Web3.0】世の中の技術者の知恵の結晶


市場の成長率や規模からしても
PTS(株式の時間外取引)での反応をみても
Web3.0】は株式市場でも超ビッグテーマです。
株✕仮想通貨】は相性が良さそうです。

毎日、株式市場でPTSを確認していると、
大きく上昇する材料がどんなモノであるか
共通点が見えてきます。
「PTS急騰日報」
「PTSのメリット・デメリット」

  • 好決算
  • 上方修正
  • 増配
  • 自社株買い
  • 資本業務提携

などは王道中の王道で
コンセンサス(市場参加者の予想)を上回ること
ポジティブ・サプライズとなり
PTSで株価が急騰します。

そのほか、キーワードで急騰することがあります。
以前なら【AI】【自動運転】【5G】【DX】
などです。
業績への開示が無くても、キーワードに反応します。

ここ数ヶ月、大きく反応するキーワードが【Web3.0
もっと詳しく言えば

  • ブロックチェーン
  • 仮想通貨
  • メタバース
  • NFT
  • DeFi
  • GameFi

といったキーワードで開示情報を発表した企業です。

今は仮想通貨自体も立派な投資対象となり始めた人もだいぶ増えてきた印象です。
とは言っても、まだまだ少数派
株✕仮想通貨】に限れば圧倒的に少数派。

先行者利益の残っている内に始めることが大切。
情報・通信の技術者たちの知恵が集まり、進化してきたもの。
そして、進化の速度はとても速い。

便利な世の中になっていることに感謝しつつ、
始めた人だけが仮想通貨の今後の値上がる恩恵を受けられ、
その経験が株式市場でも優位性となります。
そして、誰もが簡単に始められます。

【Web3.0】の大波 多くの人 多くの金が動き始めた

過去がWeb1.0
現在がWeb2.0
未来がWeb3.0

WEB1.0(1990年代)
  • テキストが多い
  • 読むだけ、見るだけの一方通行
  • メールでコミュニケーション
Web2.0(2000年代)
  • 画像、動画も可能
  • SNSで双方向コミュニケーション
  • 見て、読んで、投稿する
  • 個人情報、嗜好、行動が中央管理者(プラットフォーマー)に独占される
  • 情報漏洩リスク
Web3.0(2020年代)
  • 中央管理者のいない分散型のインターネット
  • 情報漏洩、情報独占などが解消される
  • 現実の世界とよく似た世界
  • 読んで、見て、参加して、実行できる


なんとなく進化してるのはわかるけど…
ブロックチェーンなどの技術は、
なかなか理解するのは難しいです。
(僕も完全に理解していませんw)

すでに【Web3.0】時代は始まっていて
多くの人は気にも止めず生活しています。

株式投資家は好奇心旺盛で
新しい投資情報を常に探しています。

  • 【Web3.0】には多くの人と多くのお金が動き始めています。
  • 出来高&株価の急騰は多くの投資家が感心を寄せている証拠です。
  • 短期的な売買で、単にイナゴのように群がっても失敗します。
  • 成功のポイントは選択眼と長期保有です。
  • 長期保有には信念が必要で、知識や経験はその基礎です。

【Web3.0】の大波に乗るために
【株✕仮想通貨】が成功するように
僕も今勉強しています。

株式投資のファンダメンタルズ分析についてはこちらをどうぞ。

【Web3.0】不可能を可能に変え、非常識が常識に変わる

【Web3.0】を勉強する理由
【Web3.0】の価値がわかれば、
情報を判断することができる。
そして、大衆より先に投資できるため。

10年前なら【SNS】は一般に認知されていませんでした。
現在は誰もが当たり前にやっています。
直感的にどんなものか理解しています。

仮想通貨】も【NFT】も【メタバース】も
10年後には誰もが当たり前にやっている可能性が高いです。


「先行者利益」と呼ぶには少し遅いかもしれませんが
大衆と同じことをしていても儲けられないのは
もはや株式投資では常識です。

【Web3.0】が大衆の常識になる前に
先行投資することが必要です。

そして、そう遠くない未来に確実にやってきます。
SNSのように。

技術の進化は年々早くなり、数年後には
仮想通貨】で買い物をし、
メタバース】でコミュニケーションを取り、
NFT】を集めて転売する。
そんな生活が大衆の常識となるかもしれない。

  • 【株✕仮想通貨】で儲けるには早く始めることが必要
  • 【Web3.0】を勉強するには【仮想通貨】を始める
  • 自分自身が体験することが一番

続いて、具体的に【Web3.0】がどれほど
ポテンシャルや市場規模があるのかを確認します。
さらに【Web3.0】参入する企業の多くは情報通信業です。
そこで10バガー(10倍株)の統計も記載しました。
情報通信業は魅力的な投資先なんです。

【株式市場】情報通信業の株価上昇率はハンパじゃない


【株式市場】
2008年〜2020年2月(コロナショック前まで)
10バガー達成(株価が10倍)は839銘柄ありました。
過去のデータがヒントを導いてくれます。

  • 時価総額100億円未満 84.3%
  • 経常利益率 10%以上 56.2%
  • サービス業 19.0%
  • 情報通信業 17.9%
  • 上場後20年 58.9% 

\まとめるとこんな感じです/

スクロールできます
2008〜2020年2月(コロナショック前)10バガー達成839銘柄
時価総額100億円未満84.3%
経常利益率10%以上56.2%
セクター1サービス業19.0%
セクター2情報通信業17.9%
上場後年数110年未満8.7%
上場後年数220年未満58.9%
上場後年数330年未満80.5%
日本経済新聞


「10バガーの条件」などは株式投資をしている人は知っている人も多いと思いますが…

  • 若い
  • 小さい
  • 儲かっている
  • サービス業、通信業


過去の統計データからは
そんなヒントが導かれていきます。
早期に投資することで、企業成長の恩恵を受けることができます。

Web3.0】が条件にハマるんです。

【NFT】2030年に25兆円 『ただひとつ』が証明できる革命

【NFT】えぬえふてぃ Nonfungible Tokens

ブロックチェーン技術を活用した代表的なモノ。
日本語では「非代替性トークン」と呼ばれ、
デジタル資産の唯一無二を証明できる。
決済通貨はイーサリアム(ETH)が76%


画像、アート、音楽などと相性が良く代表例は以下の通りです。

スクロールできます
取引額商品作者
400万円絵本「みにくいマルコ」
NFT画像 3点
キングコング
西野亮廣氏
4000万円夏休み自由研究
ピクセルアート
日本
小学3年生
5300万円鉄腕アトム
デジタルアート
手塚プロダクション
3億1000万円Twitterの
初ツイート
Twitter創業者
ジャック・ドーシー氏
4億7000万円ブロックチェーンGame内の
キャラクター・アイテム
「ポルカファンタジー」
17億8000万円「無限の網」
& 関連資料
草間彌生氏
75億円デジタルアート
「Everydays – The First 5000 Days 」 
Beeple氏
NFT Navi

など調べればキリがないほど売買実績が見つかります。
一般人からすると意味不明なほど高額でのやり取りが行われています。

続いて、市場規模の確認です。

ジェフリーズ投資銀行・グランドビューリサーチ社の情報を参考に作成

CAGR(年平均成長率)は約35%
2年で1.8倍
3年で2.5倍
5年で4.5倍となる計算です。

超ビッグテーマ】たる所以です。

日本国内の大手 NFT参入企業
  • GMO
  • LINE
  • SBI
  • メルカリ
  • 楽天

ぞくぞくと国内大企業もNFTへ参入してくるのは、
魅力的な市場である証明とも言えそうです。

【DeFi】金融の未来 短時間|低コスト|高金利

【DeFi】でぃーふぁい Decentralized Finance

分散型金融と呼ばれ(対義:中央集権型金融)
イーサリアムを中心としてブロックチェーンで構築するモノ。
仲介のない直接取引で手数料が安い・時間が短い
仮想通貨の運用、取引、移動も簡単で
国や地域を問わない
金利が高い


仮想通貨の売買や融資の総額は
2021年には10兆円を越えています。

前年比では約5倍となり急速に拡大していることがわかります。

【Web3.0】の分散型インターネットでは基本的に
トラブルが起きた場合も自己責任です。

メリットばかりが大きく取り上げられますが
デメリットもきちんと理解する必要があります。

◆仮想通貨の直接取引◆
【DeFi】の誕生で【仮想通貨】の取引も
取引所の仲介なしに、当事者同士で直接取引が可能です。
⇒DEX(分散型取引所)

◆稼ぎ方◆
仮想通貨を仮想通貨取引所に貸し出して、金利収入・利息を得ることも可能です。
取引所の破綻で、貸し出し資産は0。
⇒レンディング

仮想通貨をDEX取引所に貸し出して、流動性を提供する。
見返りに金利収入を得られる。
⇒イールドファーミング

イールドファーミングは金利収入のほか、
新規トークンを獲得できます。
⇒流動性マイニング

イールドファーミング&流動性マイニングで
年利:数10%〜数1000%の高利回りも可能

取引所が指定する仮想通貨を、一定期間保有することで
対価を得られます。
⇒ステーキング

【DeFi】のリスク

  • 価格変動
  • スリッページ(売りと買いの価格差)
  • ハッキング
  • 詐欺

【メタバース】1600兆円の超巨大市場|先行者利益を狙う

【メタバース】めあばーす Metaverse

現実世界にいながら、あなたが行動できる『仮想空間』
バーチャルオフィス、チャット、ゲームなどコミュニケーションが可能
全世界の大企業が参入を開始した超巨大市場

✅ゲーム例:「フォートナイト」「あつまれ動物の森」
✅Facebook社が社名を「Meta」に変更したことでも有名

【メタバース】市場規模

スクロールできます
予測元予測年度市場規模CAGR(年平均成長率)
ブルームバーグ2024年98兆円
エマージェン・リサーチ2028年100兆円43%
シティグループ2030年980〜
1600兆円
グローバル
インフォメーション
2030年約81兆円39.4%
グローバル
マーケットインサイト
2028年約60兆円
参考にその他の超ビッグテーマ

【AI 人工知能】2030年 24兆円〜86兆円
【自動運転】  2030年 60兆円
【5G】    2030年 70兆円

あなたはどう感じますか?

あくまで将来の予測なので参考程度に。
各社、定義や予測値にかなり幅があります。
ただ、【メタバース】の将来性がわかってもらえれば幸いです。

大企業も先行者利益を得るために
いっせいに参入し始めています。

【GameFi】プレイで稼ぐ|Play-to-Earnとは?

【GameFi】げーむふぁい Game Finance

プレイ・トゥ・アーン⇒Play-to-Earn(P2E)
ゲームをプレイすることでお金を稼ぐ事ができる仕組みが生まれた
ゲーム内で仮想通貨やNFTを獲得できる

従来のオンラインゲームで稼ぐには、
ゲーム内アイテムを法定通貨で売買する
リアル・マネー・トレード」と方法でした。

しかし、基本的には規約上禁止行為と
なっているためにできませんでした。

GameFi】では仮想通貨やNFTを通じて、
お金を稼ぐことが可能です。

この【Play-to-Earn】が革命的だと感じるのです。

まさに、今まででは不可能であった
ビジネスモデルが誕生しています。

市場規模の参考に
日本国内の主な産業別の市場です。

自動車関連72兆円
建設57兆円
不動産45兆円
医療43兆円
外食26兆円

 

ここまで調べてみて
僕自身も【
Web3.0】の世界の魅力を
再認識しました。

【Web3.0】の懸念点 デメリット


ここまでWeb3.0の魅力ばかりを書き続けてきましたが、もちろん懸念点もあります。

  • 株式市場での反応は一時的
  • ボラティリティ(価格変動率)が高い
  • ギャンブル性がある
  • 詐欺・ハッキングの危険性
  • 自己責任の度合いが大きい
  • 法整備が整っていない


株式市場での反応は一時的

キーワードでの反応は急騰・急落がよくあることです。

短期ではなく長期的な投資で、大きな市場と成長が本物であれば業績も成長します。
そして、長期的に株価は業績に連動します。
価値を見極める事が必要です。(ファンダメンタルズ分析)
見極めるために勉強が必要

ボラティリティ(価格変動率)が高い

株式の新興企業と同様に価格が乱高下するので、大きな下落は大きなストレスを伴います

全て失っても平常心を保てる金額から始めましょう。

投資額を調整し『資金管理』

詐欺・ハッキングの危険性

知識のない初心者が騙されることが多く、
セキュリティ対策を講じなくてはなりません。

騙されないために勉強が必要

自己責任の度合いが大きい

トラブルも自分自身で対処しなくてはいけません。
トラブルを全て回避することは難しいので
少額の内に経験することが望ましいです。

大きなトラブル回避のために経験が必要


法整備が整っていない

急速な技術の進化に法整備が追い付いていない状態です。
新たな規制や課税が施行される可能性もあります。
常に情報のアップデートが必要です。

最新情報を得るために勉強が必要

【Web3.0】のデメリットをお伝えしました。
もしかしたら、お気付きかもしれませんが・・・

【Web3.0】のリスク まとめ

最大のリスクは『知らないこと』
✅勉強で得られる知識
✅リスクを取って得た経験
これに勝るリスク対策はありません。

勉強と経験で『知っていれば』
✅あわてない
✅対処できる

そのために早く始めることが一番です。
※投資である以上、リスクを完全に無くすことはできません。

まとめ

【株式投資✕仮想通貨】の相乗効果のために

STEP
【Web3.0】は超巨大な市場

AI、自動運転、5Gにも劣らない

STEP
【仮想通貨】を始めるべき

経験と勉強が不可欠

STEP
【投資判断】が身に付くから

仮想通貨の知識と経験が役に立ち、リスクを減らす

【株式投資×仮想通貨】は相性がいい

株式だけではもったいない。
仮想通貨だけじゃもったいない。


投資資金の一部を【仮想通貨】に振り向けて見ては?

  • スマホ1台で完結
  • 口座開設 完全無料
  • 大手取引所の安心感

目的
株式市場で利益を得ること

手段
【Web3.0】を勉強し、体験する
【Web3.0】の価値を知り、情報を取捨選択する
大衆が気付く前に投資する

そのために
仮想通貨に投資をしてみる
NFTを買ってみる
メタバース空間を体験してみる

【Web3.0】の世界へ

  • 中央管理者のいない分散型のインターネット
  • 情報漏洩、情報独占などが解消される
  • 現実の世界とよく似た世界
  • 読んで、見て、参加して、実行できる

\先行者利益はまだある!/

コインチェック

アプリ ダウンロード数No.1
※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

\ さあ、始めよう/

ビットバンク

手数料の安い取引所に16銘柄!

\ 口座開設は無料!/

ビットフライヤー

ビットコイン 取引量No.1
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

\ スマホで完結!/

みんなのコイン

\下落相場でも儲かる/

GMOコイン

\レバレッジ取引なら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる