イーサリアムとは?【スマートコントラクトの実装】革命的進化

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

イーサリアムってどんな仮想通貨?

すごく悩む人

スマートコントラクトって何?

困った人

NFTマーケットに参入するのに必要なの?

この記事ではそんな悩みを解決します。

イーサリアム」について
初心者でもわかりやすく、丁寧に解説していきます。

最大の特徴は3つ
1「スマートコントラクトの実装」
2「分散型アプリのプラットフォーム」
3「NFT決済のシェア7割」

イーサリアムを始めるなら、
口座開設から。
無料!スマホで完結。

\無料で口座開設・1円から始められる/

1500円分のビットコインが必ずもらえる‼️

\今すぐ無料口座開設/

目次

イーサリアム|ビットコインを参考に始まった

2022年現在、
数千種類あるアルトコインの中で
時価総額No.1のイーサリアム

アルトコイン=ビットコイン以外のすべての仮想通貨
時価総額=コイン1枚の価格✕発行枚数

そんなイーサリアムの誕生は2013年。

ビットコインに関心を持ったことをきっかけに、
ヴィタリック・ブテリン氏(19歳)により考案されました。

その時点ですでに
「DApps」「スマートコントラクト」(後述)
を企画に取り入れていました。

イーサリアム|分散型アプリ【DApps】の開発

【DApps】だっぷす
decentralized applications

イーサリアム 分散型プラットフォーム
国や企業、金融機関といった中央管理者がいなくても完全に自立して作動します。
仲介者不要で取引が実行され、安く、早く運用できます。

そもそもイーサリアムとはプラットフォームのことを指します。
ブロックチェーン上のプラットフォームで、
そのプラットフォーム内で使用される通貨がイーサ(ETH)です。


ブテリン氏の開発目的は、分散型アプリケーションの開発であり、
それはつまり「非中央集権型」です。


現在、あらゆるものは中央集権型となっていて、
GAFAなどの巨大IT企業に集権=権力・情報が集まっています。

プラットフォーム=物事が動くための土台・環境
ブロックチェーン=管理者が存在せず、参加者が分散して管理する。情報は過去から順に鎖状に繋がり正確に維持できる。

例えば、

  • YouTubeならGoogleが
  • TwitterならTwitterが
  • ネット通販ならAmazonや楽天が
  • 金融なら銀行が

中央の管理者です。

中央集権型は、

意思決定が早いなどのメリットもありますが、
中央集権の管理者はユーザーの行動履歴、嗜好、資産などあらゆる個人情報を握っています

管理者に悪意がある場合にはリスクも高く、
管理者の破綻は資産が消滅する危険性も含んでいます。


イーサリアムの分散型プラットフォーム上で、
開発された分散型アプリは違います。

国や企業、金融機関といった中央管理者がいなくても完全に自立して作動します。
仲介者不要で取引が実行され、安く、早く運用できます。

イーサリアム|契約の自動執行【スマートコントラクト】

【スマートコントラクト】Smart contract

イーサリアム スマートコントラクト
ブロックチェーン上でプログラム(契約)を自動的に実行する仕組みのこと。
ビットのコインよりも大量かつ高速に複雑な取引ができる。



取引情報の記録しかできないビットコインと比べ、
進化した仕組みがあるといえます。

その仕組みがスマートコントラクトと呼ばれるものです。


スマートコントラクトのイメージは、
自動販売機のように購入者が代金を投入し、
欲しい商品を選択した瞬間に契約が成立する感じです。

スマートコントラクトの特徴

信頼性
条件を満たせば必ずプログラムが実行される。
ブロックチェーン技術により耐改ざん性と高度なセキュリティが担保されている。

透明性
プログラムの条件、取引履歴はすべて公開されている。

低コスト・短時間
仲介がないため、手数料が不要で、手続き時間は短縮される。

課題
契約内容を容易に変更できないこと。
エラーがあっても簡単に修正できず、攻撃者が気づけば攻撃の起点になる危険性もあること。

活用例をあげると、

「DAO」だお
Decentralized Autonomous Organization

日本語では自律分散型組織といい、
ブロックチェーン上で構築され、
人の意志ではなく、
スマートコントラクトによって組織運営が実行されます。

スマートコントラクトによって、
ブロックチェーン上でプログラム(契約)が自動的に実行され、
ビットのコインよりも大量かつ高速に複雑な取引ができます。

イーサリアム|NFTでの決済通貨

イーサリアム NFTの決済通貨のメイン
7割超えの圧倒的シェア


イーサリアムの代表的な用途は
NFT(非代替性トークン)の決済通貨です。


イーサリアムは決済通貨として76%という
圧倒的シェアを誇ります。


今後、NFTは市場規模の拡大が確実視されており、
イーサリアムの認知、需要の拡大が予想できます。


同時にイーサ(ETH)自体の価格上昇にも期待が高まります。
NFT決済には「ガス代」と呼ばれる手数料がかかります。
ガス代は時価で数千円程度と高額なので注意が必要です。

NFTマーケットに参加するには必須の通貨なので、

承認アルゴリズムの変更によって
手数料が安くなることを願います。

まとめ

最大の特徴は3つ
1「スマートコントラクトの実装」
2「分散型アプリのプラットフォーム」
3「NFT決済のシェア7割」

分散型プラットフォーム
国や企業、金融機関などの中央管理者がいなくても完全に自立して作動します。
仲介者不要で取引が実行され、安く、早く運用できます。

スマートコントラクト
ブロックチェーン上でプログラム(契約)を自動的に実行する仕組みのことです。
ビットのコインよりも大量かつ高速に複雑な取引ができます。

NFTの決済通貨のメイン

7割超えの圧倒的シェア

【Web3.0】の世界へ

  • 中央管理者のいない分散型のインターネット
  • 情報漏洩、情報独占などが解消される
  • 現実の世界とよく似た世界
  • 読んで、見て、参加して、実行できる

\先行者利益はまだある!/

コインチェック

アプリ ダウンロード数No.1
※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

\ さあ、始めよう/

ビットバンク

手数料の安い取引所に16銘柄!

\ 口座開設は無料!/

ビットフライヤー

ビットコイン 取引量No.1
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

\ スマホで完結!/

みんなのコイン

\下落相場でも儲かる/

GMOコイン

\レバレッジ取引なら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる