Open Seaとは?【世界最大のNFTマーケットプレイス】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Open Sea(オープンシー)とは
世界最大、かつ世界初のNFTマーケットプレイスのことで、
NFTを購入・売却することができます。
アート、音楽、写真など様々な作品があります。

Open Seaを利用するには事前に
「イーサリアム」
「メタマスク」

を準備する必要があります。

Open Seaでは購入・売却の他、
作者として作品を販売できます。

そもそもNFTとは?詳しく見る

目次

【Open Sea】特徴

あらゆるNFTと手数料の安さ

Open Seaを例えるなら、
イメージはメルカリのような感じです。

  • アート
  • グッズ
  • 音楽
  • 写真
  • スポーツ
  • トレーディングカード

さまざまなジャンルがあり、
ユーザー同士が直接NFTの売買ができます。

販売手数料は2.5%と安く、
メルカリの1/4です。

販売手数料の他、
ガス代と呼ばれる手数料がかかります。

サイトは英語表記 アプリは閲覧のみ

日本人にとってやっかいなのは、
すべて英語のサイトであることです。

ただし、Chromeなどのブラウザには
自動翻訳機能があるので、
一部変な部分もありますが、
なんとかクリアできそうです。

スマホでもPCでも「Chrome」なら
自動翻訳機能があります。

そして、スマホアプリでは閲覧するのみで、購入や売却はできません。

 【Open Sea】始め方

Open Seaを利用するには事前に
「イーサリアム」
「メタマスク」

を準備します。

仮想通貨取引所での口座開設」と
メタマスクの作成」が必須です。

取引所でイーサリアムを購入、
メタマスクに送金する必要があります。

【Open Sea】稼ぎ方

【NFTを売買する】
投資対象としてNFTを売買します。
買った価格より、高値で売却できれば差額が利益となります。

新規公開されたプロジェクトを早期に買い、
短期的な値上がりも期待できます。

長期的な目線もオススメです。
まだ広く大衆に認知度の低いNFT。
だからこそ、
広く認知されればNFTを欲しがり、
購入する人の拡大も期待できます。

【NFT作品を創り出品する】
クリエイターや、
絵・音楽・写真が得意な人は
自分自身で作品を創り、
それを販売することができます。

12歳の少女が描いた絵が1億8000万円で売れたり
日本人の小学生も夏休みの自由研究で描いた
ピクセルアートが4000万円で売れています。

【Open Sea】まとめ

Open Seaとは
世界最大のNFTマーケットプレイスです。

世界のユーザーが集まり
さまざまな作品が売買されています。

イーサリアム」と「メタマスク」があれば、
誰でも参加できる市場できます。

「NFT」という技術の革命性を考慮すると、
今後、普及することは時間の問題で
早期の参入は吉となるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる