PTS日報から1ヶ月後|シダックス|東京通信

URLをコピーする
URLをコピーしました!

このブログでは平日、株式市場の開場日に
PTS急騰日報を発信しています。

PTSの急騰は個人投資家がポジティブ・サプライズに
大きく反応
した証拠です。

そしてこの記事では1ヶ月後に、
さらに大きく値上がりしている銘柄を紹介します。

大引け後(東証取引終了後)の
IR開示情報を確認し、
材料の判断してから売買可能なPTS。

そのメリットを最大限に活用し、
上昇トレンドの初動を掴むのに共通点はあるのでしょうか?

PTSとは?メリット・デメリット

【PTS取引ができる証券会社】 

【SBI証券】最大手!サポート窓口あり

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

⬇【松井証券】個人投資家に人気の老舗

株式投資をするなら松井証券!
【少額から始められる証券会社】

最初はとにかく小さく始める事が大切です!

⬇【LINE証券】気軽に1株から買える

LINE証券

※Twitter・ブログで紹介した時点の価格を元に
上昇率などを計算しています。

今回は

5/16〜5/20の5日間

取り上げたのは21銘柄でした。
結果は以下の通り

値上がり 16銘柄
値下がり 5銘柄
変わらず 0銘柄

その中でも大きく上昇したのは
2銘柄で

4837 シダックス +25.7%
7359 東京通信  +38.5%

ちょっと詳しく見ていきます。

ちなみに同期間(5/20〜6/17)の指数
◎日経平均 26,739→25,963 ▲776 ▲2.9%
◎マザーズ 657.2→621.1  ▲36.1 ▲5.49%

目次

4837 シダックス

まずはチャートから確認

株探

1ヶ月前から
明確に上昇トレンドで
出来高もそれまでよりも大きくなっています。

とてもいい感じで
移動平均線もパーフェクトオーダー。

何がきっかけだったのでしょうか?

5月16日のPTS日報を再掲します。

451円 13.0%⤴
時価総額 156億円
◎好決算&強気予想
⇒前期実績
売上+4.9%
経常+156.6%
配当5円
⇒今期予想
売上+3.9%
経常+39.6%
配当10円
⇒中期経営計画
2022年3月期→2025年3月期
売上1147億円→1464億円
営業利益24.4億円→71億円
ROE16.4%→26.1%
配当5円→18~35円

やっぱり

地合が悪くても、
業績が好調であれば
株価も上がっていきますね。

同時に発表した中期経営計画も好感されているのだとおもいます。

適時開示

その他にも

5月30日に岩井コスモ証券がレーティングを発表

A評価 目標株価850円

としています。

7359 東京通信

まずはチャートの確認

株探

乱高下しながら
上昇していますが
ボラティリティ(株価変動率)がおおきいです。

5月18日のPTS日報の再掲

715円 10.6%⤴
時価総額 26億円
◎筆頭株主が一部売却
⇒流動性拡大のため

この開示情報で
これだけ動くとは思えません。

5月31日に3つの開示

  • 本社移転
  • 下方修正
  • オーバースに出資

これを受けて
6月1日に再度急騰。

開示情報
開示情報

大幅な下方修正の理由は
本社移転、先行投資。

【メタバース】です。

ここでもきました!!

その他、
レポートが発行 2社
テレビ出演

公式HP

フィストレポート
シェアードリサーチレポート

どれほどの個人投資家が読んでいるかは
わかりませんが、
それほど高い割合ではないと思います。
無料で有益な情報。
優位性をつけるためには必須のものです。

上昇の理由を探り、
再現性を高めましょう。

終わり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる