4575|PTS日報|1ヶ月後【上がる理由を知り、再現化へ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

このブログでは平日、株式市場の開場日に
PTS急騰日報を発信しています。

PTSの急騰は個人投資家がポジティブ・サプライズに
大きく反応
した証拠です。

そしてこの記事では1ヶ月後に、
さらに大きく値上がりしている銘柄を紹介します。

大引け後(東証取引終了後)の
IR開示情報を確認し、
材料の判断してから売買可能なPTS。

そのメリットを最大限に活用し、
上昇トレンドの初動を掴むのに共通点はあるのでしょうか?

PTSとは?メリット・デメリット

【PTS取引ができる証券会社】 

【SBI証券】最大手!サポート窓口あり

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

⬇【松井証券】個人投資家に人気の老舗

株式投資をするなら松井証券!
【少額から始められる証券会社】

最初はとにかく小さく始める事が大切です!

⬇【LINE証券】気軽に1株から買える

LINE証券

※Twitter・ブログで紹介した時点の価格を元に
上昇率などを計算しています。

今回は2022年

6月13日~6月17日のPTS日報からの検証です。

値上がり 6銘柄(7901は重複)
値下がり 9銘柄

特に大きく値下がりしたのは
4575 キャンバス +140.1%
7901 マツモト +206.5%

でした。

では詳しく見ていきます。

2銘柄を確認したかったですが、

マツモトの急騰理由は

本当にわからず断念。

目次

4575 キャンバス +140.1%

6月15日のPTSの確認

416円 23.8%⤴
時価総額 35億円
◎新薬奏効
⇒すい臓ガン
1人だけ、ガンが少し小さくなった。
偶然かもしれないけど、
もしかしたら、いい薬ができたんじゃない?

バイオベンチャーなので、

新薬の開発
上市(薬を発売すること)
マイルストーン(開発進捗状況に応じた収益)
などが重要です。

チャート

マネックス証券

6月2日から明らかにトレンドが発生しています。
株価の急騰と出来高の急増。

比例分配のS高を含みながら、7月15日には年初来高値を更新。

ビジネスモデル

マネックス証券

抗がん剤のバイオベンチャー。

2000年創業、2009年上場。

業績

マネックス証券

最近は
売上1億円
損失5億円
程度が続いています。

適時開示情報

6月1日以降の開示情報はこちら

マネックス証券

気になるのは【CPB501】に関する開示情報です。

先に7月1日の業績予想の修正を確認します。

売上0
損失8億円を超える
大きな下方修正です。

適時開示

インサイダー情報を持った自社でさえ、
業績の見通しは困難であると言うことです。

【CBP501】6月1日

適時開示

被験者は順調に増加して、
施設も20ヶ所に。

【CBP501】6月15日

適時開示

PTS日報で取り上げたタイミング。

【CBP501】6月20日

適時開示

治験は次の段階へ進み、上市が近づきました。

【CBP501】7月1日

適時開示

1ヶ月でさらに登録被験者が増加しました。

【CBP501】

バイオベンチャーのリスク

東京証券取引所

一般的な企業とは大きく異なり、
上場時点で売上がほとんど無いこともあり、
利益面でも多くは赤字です。

新薬の開発には
発売されるまでに、
多くの研究開発費と長い時間がかかります。
(画像のように10年〜17年)

専門性の高い医学分野でもあり、
情報の価値を判断することが極めて難しい分野です。
1つの開示情報だけで大きく乱高下します。

短期間でボラティリティが高まり、高値掴みすれば、
あっという間に大きな損失を受けます。

バイオベンチャーに投資をするのなら、
勉強する必要があります。

【乱高下の例】
2018年から2019年にかけての
4592 サンバイオ 「サンバイオショック」とも言われました。

マネックス証券

\Web3.0 先行利益は まだある/

※これらの内容は「適時開示情報」の一次情報を元に作成していますが、《詳細》は主観性も含まれております。
※株価・騰落率は16:30〜23:59のある一時点のものです。
※投資判断は自己責任にてお願い致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる