PTS 1ヶ月値上がり上位【ビッグチェンジの初動】3月4週

URLをコピーする
URLをコピーしました!

平日に毎日発信している【PTS急騰日報
それは個人投資家がポジティブサプライズに大きく反応した証拠です。
そして1ヶ月後にさらに大きく値上がりしている銘柄の紹介をします。

大引け後のIR開示情報を確認し、
良し悪しを判断してから売買可能なPTS。

そのメリットを最大限活用し、
上昇の初動を掴むのに共通点はあるのでしょうか?
アタマからシッポまで美味しくいただきたい!

※Twitter・ブログで紹介した時点での価格を元に上昇率を計算しています。

今回は1銘柄だけが大きく上昇しました。

2776 新都ホールディングス

※4月22日終値

SBI証券 アプリ

このようにPTS直後は一旦大きく売られましたが、そこから安定感のある上昇トレンドとなっています。

時系列でIRを確認してみると

3月17日

決算発表延期のお知らせ

⇒新型コロナウイルスの影響で、中国の一部都市閉鎖

⇒売掛、買掛の残高確認に想定以上の時間がかかるため

3月24日

①延期ごめんなさい&同じ失敗しないように気をつける

②2022年予想と実績の違い説明

2776 適時開示情報
2776 適時開示情報

売上が5割ほど増加しているのに対して

利益がメチャクチャです。

そもそもの業績推移確認しておきます。

IR BANK

トップライン(売上)は急に爆増です。

ただし、赤字続きで東証より【疑義注記】です。

③短信

セグメント別では

アパレル】売上-31% (42百万円)

認知向上に注力、回復途中

不動産】売上+1370% (334百万円)

賃貸収入と不動産売却益

貿易】売上+600% (4392百万円)

コロナ関連商材(ポリエチレン、プラスチック)

廃金属、石油関連好調

株価も低い低位株のため、投資には注意が必要です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる